HRCスポンサー

【MotoGP™】第13戦サンマリノGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第13戦が9月7日~9日にイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリにて開催!

マルケス 2位!ペドロサ 6位!!
前大会とは打って変わって、青空が広がったサンマリノGP決勝。
路面コンディションはドライで行われました。

5番手からスタートしたマルケスは好スタートを切り、オープニングラップを4番手で通過。
2周目には3番手につけ、トップグループでレースを進めます。
1番手を走るドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が徐々にリードを広げ、マルケスはし烈な2番手争いを繰り広げました。
ラスト2周となったところで、前を走るマシンが転倒し、マルケスが2番手に浮上、そのまま2位でフィニッシュしました。

ペドロサは11番手から好スタートを切り、6番手付近でグループを結成します。
終始接近戦を繰り広げ、最終6位でフィニッシュ。

次戦9月21日から23日で行われるアラゴンGP!

GOSHIはHRCを応援します。

 

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第13戦が9月7日~9日にイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリにて開催! マルケス 2位!ペドロサ 6位!! 前大会とは打って変わって、青空が広がったサンマリノGP決勝......

HRCとダカール・ラリー2019 スポンサー契約を締結

2018年9月3日

合志技研工業株式会社(GOSHI)は、本年より株式会社ホンダ・レーシング(HRC)とスポンサー契約を締結し、世界最高峰の二輪ロードレース、2018FIM MotoGP™世界選手権シリーズでのHRCの活動を応援しておりましたが、本日、新たにHRCの「ダカール・ラリーのモト部門(二輪車)」のスポンサー契約を締結しましたことを、お知らせ致します。

GOSHIはこれまで、主に「鈴鹿8時間耐久ロードレース」等の国内レースや、「ダカール・ラリー2018」などの海外のレースに参加し、Hondaの純正パーツメーカーとして技術を磨いて参りました。今後も更にHRCの活動を通じてモータースポーツの発展と振興に貢献していく所存です。

3rd, September, 2018
【GOSHI signed Dakar Rally 2019 Sponsor Agreement with HRC】

After having come to an agreement to sponsor Honda Racing Corporation (HRC) from this year onwards, Goshi Giken Co.,Ltd. (GOSHI) has supported HRC’s efforts in the world’s largest motorcycle road racing series, the 2018 FIM MotoGP™ World Championship. Now, GOSHI is proud to announce that we have reached a new sponsorship agreement with HRC for the Bike class of the Dakar Rally.

Up to now, GOSHI has participated mainly in Japanese domestic races such as the Suzuka 8 Hours Endurance Road Race and international races such as the Dakar Rally 2018. At the same time, GOSHI has been continuously improving its technology as a genuine part manufacturer for Honda. Hereafter we aim to make an even greater contribution to the development and promotion of motor sports through HRC’s activities.



2018年9月3日 合志技研工業株式会社(GOSHI)は、本年より株式会社ホンダ・レーシング(HRC)とスポンサー契約を締結し、世界最高峰の二輪ロードレース、2018FIM MotoGP™世界選手権シリーズでのHRCの活動を応援しておりま......

【MotoGP™】第12戦イギリスGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第12戦が8月24日~26日にイギリスのシルバーストーン・サーキットにて開催!

雨のためイギリスGP中止!!
今大会は断続的に雨が降る不安定な天候となりました。
決勝レース日は、雨量が少ないと予想される午前中にタイムスケジュールを変更。
午前11時30分(現地時間)全選手がグリッドに着いたころから雨脚が強まり、スタートを遅らせる判断が下ります。

その後も雨は降り続け、コースコンディションは良くならず、午後4時(現地時間)に安全面を考慮し、全クラスのレース中止が決定されました。
また、当決勝レースの翌日開催は行わず、中止と発表されました。

次戦9月7日から9日で行われるサンマリノGP!

GOSHIはHRCを応援します。

 

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第12戦が8月24日~26日にイギリスのシルバーストーン・サーキットにて開催! 雨のためイギリスGP中止!! 今大会は断続的に雨が降る不安定な天候となりました。 決勝レース日は、雨量が少ない......

【MotoGP™】第11戦オーストリアGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第11戦が8月10日~12日にオーストリアのレッドブル・リンクにて開催!

マルケス 2位! ペドロサ 7位!!
終日、青空が広がり気温27℃、路面温度43℃のドライコンディションで行われたオーストリアGP決勝。

ポールポジションからスタートしたマルケス、2週目にトップに立つとロレンソ(ドゥカティ)、ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)らとトップグループを形成します。レース序盤にプッシュする戦略のマルケスは、序盤に2番手との差を一時、約1秒まで広げます。
中盤に入ると2番手のロレンソが徐々にマルケスに迫ります。そして、19週目にロレンソがマルケスをとえます。ここからマルケスとロレンソの一騎討ちとなり、最後まで何度も順位を入れ替えながら、激しいトップ争いを展開。
最終ラップ、2番手を走るマルケスは3コーナーで勝負を仕掛けてインを突くが、あと一歩前に出れず、そのまま2番手でフィニッシュ。

9番手からスタートしたペドロサは、オープニングラップに他車と接触をして14番手まで順位を落とし、追い上げのレースになります。
そこから全力で追い上げ、序盤はグリップに苦戦しリズムをつかむのに時間が掛かるが、リズムを掴んでから徐々に順位を上げていきます。
終盤にペトルッチ(ドゥカティ)、ロッシ(ヤマハ)とし烈な5位争いを繰り広げるが、僅差で7番手でフィニッシュ。

次戦8月24日から26日で行われるイギリスGP!

GOSHIはHRCを応援します。

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第11戦が8月10日~12日にオーストリアのレッドブル・リンクにて開催! マルケス 2位! ペドロサ 7位!! 終日、青空が広がり気温27℃、路面温度43℃のドライコンディションで行われたオー......

【MotoGP™】第10戦チェコGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第10戦が8月3日~5日にチェコのブルノ・サーキットにて開催!

マルケス 3! ペドロサ 8位!!

気温27℃、路面温度38℃のドライコンディションで行われたドイツGP決勝。

MotoGP™100戦目を迎えたマルケスは、予選3番手からトップグループに加わる。中盤まではフロントローからスタートしたドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、ロッシ(ヤマハ)、そして2列目スタートのロレンソ(ドゥカティ)らとトップグループを形成。周回するごとにポジションを入れ替える厳しい戦いを繰り広げました。

迎えた最終ラップ、3コーナーでマルケスがロレンソを交わして2番手に浮上するが、5コーナーではロレンソがマルケスを交わしてポジションを奪われる。ふたりが激しい順位争いが白熱するが、ドヴィツィオーゾに勝負をしかけるまでには至らず、ドヴィツィオーゾがトップでチェッカー。僅差の2位にロレンソ、3位にマルケスが続いた。

 予選10番手から決勝に挑んだペドロサは、中盤ではアンドレア・イアンノーネ、アレックス・リンスのスズキ勢、アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)とし烈な8位争いのグループを形成。終盤は、その戦いを制し、グループ首位でチェッカーを受けました。

 次戦8月10日から12日で行われるオーストリアGP!

 GOSHIはHRCを応援します。

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第10戦が8月3日~5日にチェコのブルノ・サーキットにて開催! マルケス 3位! ペドロサ 8位!! 気温27℃、路面温度38℃のドライコンディションで行われたドイツGP決勝。 MotoGP......

【MotoGP™】第9戦ドイツGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第9戦が7月13日~7月15日にドイツのザクセンリンクにて開催!

マルケス 1位! ペドロサ 8!!

気温27℃、路面温度48℃のドライコンディションで行われたドイツGP決勝。

ポールポジションからスタートしたマルケス、1周目をトップで戻ってきたロレンソ(ドゥカティ)に続き3番手で周を重ねるマルケスだったが、5周目の1コーナーで2番手のペトルッチ(ドゥカティ)を交わすと、ロレンソとバトルを展開。

13周目、3番手に浮上したロッシ(ヤマハ)がトップ2人に近付き、3人のトップ争いは白熱。16周目、ロッシが2番手に浮上するものの、3番手ロレンソと間でバトルとなったことでトップを走るマルケスは約1秒のリードを取る。

20周目にファステストラップを更新すると、その差を広げ22週目も更にファステストを更新。残り6周となったところで2番手以下との差を2秒以上広げトップ独走態勢に持ち込むと前戦オランダGPに続いて、今シーズン通算5勝目を記録。

ポイントランキングでは、マルケス:1位、ペドロサ:12位

次戦は8月3日から5日で行われるチェコGP!

GOSHIはHRCを応援します。

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第9戦が7月13日~7月15日にドイツのザクセンリンクにて開催! マルケス 1位! ペドロサ 8位!! 気温27℃、路面温度48℃のドライコンディションで行われたドイツGP決勝。 ポール......

【MotoGP™】第8戦オランダGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第8戦が6月29日~7月1日にオランダのTTサーキット・アッセンにて開催!

マルケス 1位! ペドロサ 15位!!
気温23℃、路面温度40℃のドライコンディションで行われたオランダGP決勝。
今期最もし烈な戦いとなり、トップグループを形成した8台のマシンが目まぐるしくポジションが入れ替わるレースとなりました。

ポールポジションからスタートしたマルケス、好スタートでホールショットを奪うも、1週目を2番手で通過。
2周目にトップを奪還します。
その後もトップグループを形成した8人がコーナーごとに激しくポジションを入れ替えるバトルを展開!
終始トップグループにつけたマルケスはラスト5週でスパートを掛けると、ラスト3週にはレース中自己ベストタイムを刻みライバル達を引き離しました。
それからもペースを緩めず、2位以下を2秒以上引き離しての1位チェッカーとなりました。

予選苦戦したペドロサは、18番グリッドからのスタートということで、序盤は混戦の中でリズムをつかめず苦戦。
徐々に本来の走りを取り戻すと後半は今大会の自己ベストラップを刻みましたが、思うように追い上げることができず15位でチェッカーとなりました。

ポイントランキングでは、今シーズン4勝目を記録したマルケスが1位をキープ。
ペドロサは12位となっています。

次戦7月13日から15日で行われるドイツGP!!
GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第8戦が6月29日~7月1日にオランダのTTサーキット・アッセンにて開催! マルケス 1位! ペドロサ 15位!! 気温23℃、路面温度40℃のドライコンディションで行われたオランダGP決勝。......

【MotoGP™】第7戦カタルニアGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第7戦が6月15日~17日にスペインのバルセロナ・カタルニアサーキットにて開催!

マルケス 2位! ペドロサ 5位!!
気温27℃、路面温度45℃のドライコンディションで行われたカタルニアGP決勝。
2番グリッドから好スタートを切ったマルケス、ホールショットを奪いオープニングラップを制すも、2周目に2番手に後退。
前戦イタリアGPに続き、路面とタイヤのマッチングに苦しんだマルケス、それから23周にわたり追撃をするも、一歩届かず2位でフィニッシュ。

11番グリッドからスタートしたペドロサ、中盤4位争いを繰り広げるも、18週目に引き離され、後続から終盤厳しい追撃を受けるも、ポジションを守り切り5位でフィニッシュとなりました。

ポイントランキングでは、7戦を終えて3勝を含む5回の表彰台を獲得しているマルケスが1位をキープ。
ペドロサは11位となりました。

次戦6月29日から7月1日で行われるオランダGP!!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第7戦が6月15日~17日にスペインのバルセロナ・カタルニアサーキットにて開催! マルケス 2位! ペドロサ 5位!! 気温27℃、路面温度45℃のドライコンディションで行われたカタルニアGP......

【MotoGP™️】第6戦イタリアGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™️第6戦が6月1日~3日イタリアにて開催。

マルケス 16位! ペドロサ 転倒リタイア!

決勝レース当日、最高気温29℃、路面温度51℃と今シーズン最も厳しい条件で行われたイタリアGP。
序盤に複数台のマシンが転倒する波乱の幕開けとなりました。

6番グリッドからスタートしたマルケスは、好スタートを切り1コーナーで2番手まで浮上するも、5週目にスリップダウンを起こし転倒。
なんとか走行再開するものの、最後尾の18番手まで後退、その後16番手まで挽回したところでチェッカーとなり、ノーポイントに終わりました。

後方グリッドからのスタートになったペドロサは、序盤にポジションを挽回しようとスタートするも、2コーナーで他車と接触しバランスを崩し転倒リタイア。

ポイントランキングではマルケスが1位をキープ、ペドロサ12位となりました。

次戦6月15日~17日で行われるカタルニアGP!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™️第6戦が6月1日~3日イタリアにて開催。 マルケス 16位! ペドロサ 転倒リタイア! 決勝レース当日、最高気温29℃、路面温度51℃と今シーズン最も厳しい条件で行われたイタリアGP。 序......

【MotoGP™】第5戦フランスGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第5戦が5月18日~20日にフランスにて開催!

マルケス 1位! ペドロサ 5位!!
最高気温24℃、路面温度45℃と厳しい条件の中で行われたフランスGP決勝。
2番グリッドからスタートしたマルケス、オープニングラップで5番手まで落とすが、2周目に4番手へ。
5週目に前を走るマシンが転倒し3番手に浮上。さらに7周目には2番手へと一気にポジションを上げました。
続く8週目、後続に抜かれ3番手にポジションを落とすも、抜いたマシンが転倒したことで、再び2番手に浮上。
10周目にトップに立ったマルケスはそのままトップを譲ることなくチェッカーを受けました。
アメリカズGP、スペインGPに続き3連勝を達成!

前戦スペインGPでは不運なハプニングにより、今期2度目の転倒リタイア喫したペドロサは、悪い流れに終止符を打つべく挑んだ決勝レース!
10番グリッドスタートとなったペドロサは、中盤までセカンドグループでレースを進め、後半はし烈な4位争いを繰り広げ、最終的に5位でフィニッシュ。

ポイントランキングでは、3連勝を達成したマルケスが1位をキープ。ペドロサは10位に浮上。

次戦6月1日から3日で行われるイタリアGP!!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。

 

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第5戦が5月18日~20日にフランスにて開催! マルケス 1位! ペドロサ 5位!! 最高気温24℃、路面温度45℃と厳しい条件の中で行われたフランスGP決勝。 2番グリッドからスタートした......

【MotoGP™】第4戦スペインGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第4戦が5月4日~6日にスペインにて開催!

マルケス 1位! ペドロサ 転倒リタイア!!
ヨーロッパラウンド初戦となった第4戦スペインGP決勝。
5番グリッドからスタートしたマルケス、好スタートを切ってトップグループに加わると、8周目の最終コーナーでトップに浮上。
後半に入りペースを上げ、後方を徐々に引き離し、独走態勢に持ち込むことに成功!
18週目には2位争いをしていた3台がバックストレートエンドで、3台とも転倒リタイアするというハプニング発生。
これで勝利を確信したマルケスは最終的に2位を大きく引き離し、前線アメリカズGPからの連勝を達成!

2番グリッドからスタートしたペドロサは終始トップグループでレースを進めるも、残り8周でヴィツィオーゾ がロレンソをオーバーテイクする際、ドカティの2台がアウトにふくらみ、その後インサイドにカットインしたロレンソが、イン側を走行していたペドロサに衝突、弾き飛ばされたロレンソのマシンがドヴィツィオーゾのマシンに接触、3台が一瞬にしてリタイアとなりました。


ポイントランキングでは、連勝を達成したマルケスが1位に浮上。ペドロサは11位となりました。

次戦5月18日から20日で行われるフランスGP!!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。

 

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第4戦が5月4日~6日にスペインにて開催! マルケス 1位! ペドロサ 転倒リタイア!! ヨーロッパラウンド初戦となった第4戦スペインGP決勝。 5番グリッドからスタートしたマルケス、好......

【MotoGP™】第3戦アメリカズGP

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP第3戦が4月20日~22日にアメリカにて開催!

マルケス 1位! ペドロサ 7位!!
ドライコンディションで争われたMotoGP™アメリカズGP決勝レース。
4番グリッドからスタートしたマルケス、1コーナーで2番手に入ると、1周目のバックストレートエンドでトップに浮上。
2番手以下と徐々に差を広げ、独走で今シーズン初優勝を達成!
サーキット・オブ・ジ・アメリカズでは負け知らずの6年連続優勝を記録。

前戦アルゼンチンGPで接触転倒に見舞われ右手首の負傷を抱えたままレースに臨んだペドロサは、中盤まで5番手争いを展開したが、終盤に遅れ、7位でゴールとなった。

ポイントランキングでは、マルケスが2位に浮上。ペドロサは11位となりました。

次戦5月4日から6日で行われるスペインGP!!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。  

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP第3戦が4月20日~22日にアメリカにて開催! マルケス 1位! ペドロサ 7位!! ドライコンディションで争われたMotoGP™アメリカズGP決勝レース。 4番グリッドからスタートしたマ......

【MotoGP™】第2戦アルゼンチンGP

2018.4.7~8

レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第2戦がアルゼンチンにて開催!

マルケス18位、ペドロサ転倒リタイア
波乱のレースとなりました、アルゼンチンGP!
決勝6週目、先頭を行くマルケスにライドスルーペナルティが科せられ、すぐにピットスルーするも、19番手までポジションを落とす。
9週目、18番手のエスパルガロ(KTM)のインに飛び込むが両者接触しこれもまたペナルティ。ポジションを1つ落とすように指示。

21週目、マルケスがロッシ(YAMAHA)のインに飛び込み接触してしまう。ロッシはこれで転倒し19番手まで順位を落とした。
ロッシの接触は審議対象となり、マルケスにまたもペナルティ。30秒のタイム加算されることとなった。
5位でフィニッシュするも、上記ペナルティにより18位となり、総合5位に降格。

ペドロサは決勝1週目最終コーナーでザルコと接触し、アウトにはらんだ際に水たまりでハイサイドを起こし、転倒!リタイアとなった。
現在総合12位。

MotoGP™は開幕したばかり!次戦アメリカズGPの挽回を期待します!!GO!HRC!!

GOSHIはHRCを応援します。

2018.4.7~8 レプソルホンダチームが参戦するMotoGP™第2戦がアルゼンチンにて開催! マルケス18位、ペドロサ転倒リタイア 波乱のレースとなりました、アルゼンチンGP! 決勝6週目、先頭を行くマルケス......

【MotoGP™】第1戦カタールGPにてついに開幕!

世界最高峰のバイクレースMotoGP™2018シーズンが、3月17~18日についに開幕しました!
GOSHIがオフィシャルスポンサーを務めるHRC レプソルホンダチームも第1戦、このカタールGPより参戦!

マルケス2位、ペドロサ7位!
 予選2番手で好スタートを切ったマルケスはトップグループを形成、終盤に入った18週目にドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)がトップに立つとそれに続いたマルケスと一騎打ちに。
最終ラップの最終コーナーのブレーキングでマルケスが一度は前に出たが、クロスラインで立ち上がったドヴィツィオーゾがわずかの差で先着、マルケスは0.027秒差の2位でフィニッシュしました。
 序盤、マルケスに続いて3番手を先行したペドロサは、リアタイやのグリップに苦戦。ペースを上げられず、ポジションを落とし7位でフィニッシュしました。

 次戦は4月6日~8日、アルゼンチンGP!GOSHIも引き続き応援します!! GO!GO!HRC!

GOSHIはHRCを応援します。

世界最高峰のバイクレースMotoGP™2018シーズンが、3月17~18日についに開幕しました! GOSHIがオフィシャルスポンサーを務めるHRC レプソルホンダチームも第1戦、このカタールGPより参戦! マルケス2位、ペドロサ7位!......

HRC レプソルホンダチームの2018型マシンとライダーの写真撮影

 2018年2月20日、ジャカルタにて2018年度レプソルホンダチームの新発表が行われ、ライダーとマシンの紹介が行われました。
そこには、今年オフィシャルスポンサーとなりました、弊社のロゴもマシンに貼られ登場!

 本日は、その新発表を控えた、1月下旬にマレーシアのセパンサーキットでテスト走行の最中に行われた撮影会の様子をご紹介致します。

 ライダーのマルク・マルケス選手(2017年MotoGPチャンピオン)とダニ・ペドロサ選手(2017年MotoGP4位)が、弊社ロゴの入ったスイングアームを指さし、写真を撮影して頂きました!

 いよいよMotoGPカタール開催まであとわずか!GOSHIはHRCレプソルホンダチームを全力で応援していきます。

 2018年2月20日、ジャカルタにて2018年度レプソルホンダチームの新発表が行われ、ライダーとマシンの紹介が行われました。 そこには、今年オフィシャルスポンサーとなりました、弊社のロゴもマシンに貼られ登場!  本日は、その新発表を......

HRCダカールラリーチームの本田監督ご来社

 2018年2月15日(木) HRCダカールラリーチームの本田監督が表敬訪問されました。


今年ペルー・ボリビア・アルゼンチンで開催された、ダカールラリー2018。
実は、HRCのマシンにはGOSHI製のスイングアームが装着されておりました。
全14ステージと過酷なレースを終えたばかりの監督ですが、貴重なライダー達のサイン入りスクリーンを持ってご挨拶にお越し頂きました!

この日は弊社社長とご懇談後、工場をご案内して、弊社のものづくりを実際にご覧頂きました。

 今後も、GOSHIはHRCを応援して参ります!

 2018年2月15日(木) HRCダカールラリーチームの本田監督が表敬訪問されました。 今年ペルー・ボリビア・アルゼンチンで開催された、ダカールラリー2018。 実は、HRCのマシンにはGOSHI製のスイングアームが装着されて......

HRCと2018年度MotoGP™のスポンサー契約を締結

2017年11月8日

合志技研工業株式会社(GOSHI)、(本社:熊本県合志市、代表取締役社長:松原美樹、http://www.goshigiken.com/)は、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)と、2018年度MotoGP™のスポンサー契約を締結しましたことを、お知らせ致します。

GOSHIはこれまで、主に「鈴鹿8時間耐久ロードレース」等の国内レースに参加し、Hondaの純正パーツメーカーとして、技術を磨いて参りました。今後は更に、世界最高峰の二輪ロードレース、2018 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズを始めとするHRCの活動を通じ、モータースポーツの発展と振興に貢献していく所存です。


November 8, 2017

GOSHI GIKEN CO., LTD. (GOSHI), (Head office: Koshi-City, Kumamoto Prefecture, Japan, President: Yoshiki Matsubara, http://www.en.goshigiken.com/), announces that it has signed a sponsorship contract of MotoGP™ class in 2018 with Honda Racing Corporation (HRC).

GOSHI has been participating in motorcycle races in Japan including Suzuka 8 Hours – FIM Endurance World Championship and developing technology as one of the major genuine parts manufacturers of Honda. GOSHI will continue to contribute to development and promotion of motorsports through HRC activities including the pinnacle of the world’s motorcycle road races, 2018 FIM Grand Prix World Championships – MotoGP™ Class.

 

2017年11月8日 合志技研工業株式会社(GOSHI)、(本社:熊本県合志市、代表取締役社長:松原美樹、http://www.goshigiken.com/)は、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)と、2018年度MotoGP™のス......
LINEで送る
PAGE
TOP