技術開発

CRF1100L大型バイクの開発

CRF1100Lマフラーの特徴

【仕様】

デザインは旧型と酷似しているが、デュアルパイプに可変式バルブが装着されている点が、最大の違いとなっています。排気が低回転時に細いパイプを通り、高回転時に太いパイプを通ることにより、出力やパルス感を両立しています。

【造り】

多角形ストレート形状に対し、軽量化をモチーフとされており、デザインを損なわない成形と薄肉溶接技術の確立に苦労しました。また環境法規EURO5対応であり、エキパイに搭載されているCAT機能を満足させる為にエンジン側へ寄せるパイプレイアウトと、センサー保護のカバー溶接による歪対策など、知見を高め量産に繋げて行きました。

SWINGARMの特徴

【仕様】

旧型モデルのSWINGARMは、アルミ鋳造(GDC)一体であったが軽量化と剛性の最適化を目的に新モデルより鋳造+展伸材を使用している

【造り】

CRF450Rで培った、異形縮管(スエージング)技術や、極力つなぎ目をなくした溶接技術を活かし、車体の軽量化に繋げました。

オフロードレース アルミSWINGARMの開発

オフロードSWINGARMの特徴

FRAMEとの連結部には、GDC(アルミ鋳造)を使用しRR側のタイヤとの連結部には縮管(スエージング)された高強度のアルミ伸展材が使用されています。これは、強度と軽量化の両立を考えた製品となっています。

SWINGARMの製造方法

鋳造品+伸展材をMIG溶接にて接合し、表面処理は耐ピッチ性に強いアルマイトを使用しています。

MXGP(モトクロス世界選手権)CRF450RW

MXGPに参戦している、HONDAワークスマシン「CRF450RW」には、GOSHIのSWINGARMが使用されています。

Dakar Rally(ダカールラリー)CRF450RALLY

2020年ダカールラリーを優勝したバイク「CRF450RALLY」には、GOSHIのSWINGARMが使用されています。

※関連記事

設備紹介

主な生産設備

ニッケルクロムメッキライン(処理能力3,200㎡/月)一式
静電塗装ライン(処理能力54,700㎡/月)一式
カチオン電着塗装ライン(処理能力17,000㎡/月 852㎡/日)一式
2,000トン 油圧プレス機1台
1,200トン 油圧プレス機1台
800トン トランスファープレス機1台
600トン 順送プレス機1台
60型 1Dタイプ CNCベンダーマシン1台
ロータリースウェージング機1台
FUN系マフラー溶接ライン一式
フレーム溶接ライン三式
サンルーフ溶接ライン一式
溶接ロボット9台
MIG溶接機12台
TIG溶接機6台
スポット溶接機8台
シーム溶接機2台
中空二重管製造ライン一式
CO2 レーザーカット加工機2台
担体孔箔プレスライン一式
フレキシブル自動パイプ加工ライン一式

主な開発設備

メタルハニカム(担体)製造装置2台
メタルハニカム(担体)用真空熱処理炉1台
冷熱加振テスト機1台
CATIA V56台
Geomagic Design X (リバースエンジニアリングソフト)1台
NX(3D CAD/CAM)1台
Auto form(CAE)1台
FAST BLANK1台
3次元測定機1台
非接触3D測定器1台
シャーシダイナモ2台
ポータブル騒音計2台
音響解析機器1台
フロー試験機1台
簡易防音室1室
拡張管マシン1機
多角ロールマシン1機
直線TIGマシン(チタン、アルミ材)1機
交直両用TIG溶接機6台
レーザー刻印機1機
加速度・歪み測定機器1機
SOLID WORKS3台
マシニングセンタ 3台
ワイヤーカット加工機2台
80型 1Dベンダーマシン1台
レーザー溶接機1台

コ・ジェネレーションシステム

(720kw)×2一式
LINEで送る
PAGE
TOP