新着情報

『エシカル・スポーツ 20th RIVER RAID』へ参加しました

2017年5月27日~28日に静岡県榛原郡川根本町 大井川流域、長島ダム国体カヌー競技場で、
川根本町リバーレイド実行委員会が主催する”エシカル・スポーツ 20th RIVER RAID”が行われました。

GOSHIでは本大会のテーマ『人とクルマと自然の共生』に賛同し、昨年より協賛を始めておりますが、
今回は『Team GOSHIと仲間たち』とチーム名に社名を入れ、GOSHI2名、助っ人2名という体制で
またディフェンディングチャンピオンという立場で参加しました。


スタート前、”エシカル・スポーツ RIVER RAID”発案者 横田様と記念の1枚。


『Team GOSHIと仲間たち』
左からドライバーチーム(大島選手、高橋選手) カヌーチーム(松原選手、藤本選手)

 

Day1

いよいよ、競技開始!先ずはコマ地図を頼りにスタート地点へ向かいます。
ここで間違うとスタートラインに立て無いかも?いざ出発!


スタート地点へ全員集合!もうすぐ競技がスタート。ワクワクします!

 

クルマ競技①:タイヤ交換

タイヤを外して、クルマの周りを1周しタイヤを装着。カヌーを降ろしてゴール。
タイヤ交換は命に係わる大事な作業。手順通りに確実に脱着をします。
さすがドライバーチーム! 手際が良いです!


カヌーを降ろします。この後ライフジャケットを着用し、最後はポーズをつけて笑顔のゴール!

 

カヌー競技➀:コマ地図データ取り

クルマチーム(ドライバー、ナビ)によるカヌー競技。アベレージ走行で使用するコマ地図には
なんと空白の部分が!空白部分の情報を得るため、ハンドルをパドルに持ち替えカヌーに挑戦!


BOXの中のカプセルにはコマ地図空白部の情報が!ドライバーチームは慣れないカヌーに悪戦苦闘!

 

 

クルマ競技②:アベレージ走行

スピードを競うゲームではなく距離、方向、情報記号を記したコマ地図を頼りに目的地に向かいます。
遅くても、早くても減点。エコドライブを身につけ、環境を意識するクルマの競技です。
カヌー競技でGETした空白部分の情報をもって、ゴールを目指します。いざスタート!

 

カヌー競技③:バケツ玉入れ

ダム湖のはるか沖にあるバケツにカプセルを3個入れます。3個とも入れたら高得点。
この日は風が強く、パワー勝負か!大自然に挑戦!

実は藤本選手は今日がカナディアンカヌー初体験。本番前にレクチャーを受けいざ出航!


遥か沖へ。もはや肉眼では見えません。いったい幾つのカプセルを入れることができたのか?

 

カヌー競技④:綱引き

カヌー参加チームを2チームに分け、水上綱引き。チームワークとパワーの競技。
それぞれのカヌーを連結していきます。


位置について!よーいドン!『GOSHI製ハイパワーエンジン 藤本選手』筋肉の見せ所!


勝利のガッツポーズ。絆創膏がキュートです♡
アベレージ走行を終えたクルマチームと合流し、全体写真をパチリ!

 

共通競技➀:火おこし

キャンプに戻ったら共通競技がスタート。先ずはライター・マッチを使わず火をおこすゲーム。
自然現象に挑戦!

ここでも『GOSHI製ハイパワーエンジン』が活躍。松原選手も頑張りましたが、着火まで至らず。
結局、全チーム着火することなく終了。昨日の大雨のせいか?

 

共通競技②:料理コンテスト

地産地消のゲーム。今回のお題『そば粉200g』を使い、料理の腕前を競います。
そば饅頭の具材は?アイデア勝負か?


出来たのは、そば饅頭(粒あん・陣太鼓)と、そばニョッキのクリームソース仕立て
結果、大盛況ではありましたが残念ながら得票は伸びず。
上位入賞チームの腕前がすごい!まさにプロ並み!

 

Day2

コンボイにてスタート地点へ。
カヌーチーム、ドライバーチームそれぞれに分かれ競技を進めます。
視認性を上げるため昼間もライトをつけ走行します。大迫力のコンボイ走行!


スタート地点でドライバーチーム、カヌーチームそれぞれ分かれます。
カヌーチーム、勝利に向けて『エイ、エイ、オー!』

 

カヌー競技➀:スラローム

大井川流域でのカヌースラローム競技。
流れの無いダム湖と違って大井川を下る競技。操船技術が勝利へのカギ。

雄大な自然のなか、カヌーを進めます。藤本選手とても素人とは思えません!


チームワークも抜群!

 

クルマ競技➀:ジムカーナ

カヌースラロームのゴール地点ではジムカーナ競技が開催中。
走る・曲がる・止まるの基本操作の技術を競いますが、ただのジムカーナではありません。
そこにはナビゲーターにも試練が!

大型4WD車が河原を疾走する姿はまさに圧巻!


ナビゲーターはカヌーチームのために運んできた水をケースに入れることに。
停車位置からケースまで猛ダッシュ!ナビゲーターの走力も重要です!
(お水はスラロームを終えたカヌーチームが美味しく頂きました)

 

クルマ競技②:石選び

2日目朝のブリーフィングで本部席にある石を写真に納めておくよう指示が。
その意図は一体?

大きさなのか?手を置いて写真に収めたり… 石選びのあらゆるお題に備えます。


形なのか、大きさなのか、色なのかは秘密でしたが、ここでお題発表。『同じ色の石』を探します。
色んな色の石があります。自然の神秘に改めてビックリ!

 

カヌー競技②:カヌーマラソン

ゴールまで一気に川を下るタイムトライアル。流れと漕ぎ手。自然と人の融合が大事です。


かなり遠くから掛け声が聞こえてきます。調子よさそうです。

ゴール直後。ちょっと疲れた感がありますが、なんとも清々しい笑顔です。
これで全競技終了!お疲れ様でした!

 

閉会式


閉会にあたり、”エシカル・スポーツ RIVER RAID”発案者 横田様よりご挨拶。
RIVER RAID・・・とても素晴らしい取り組みです。


チームとしての総合順位は7位に終わりましたが、1994年の第1回大会に参加していた松原選手が
『レジェンド賞』を受賞しました。
でも、大自然に身を委ねてみると順位や賞はどうでもいいような気になります。
GOSHIグループはこれからも『人とクルマと自然の共生』を考え、環境保全活動に取組んで参ります。


最後は全員で記念撮影。
スタッフの皆様、地域の皆様、参加チームの皆様、本当にありがとうございました。
またお会いしましょう!

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

LINEで送る
PAGE
TOP